「萩の月」の菓匠三全が、クロスキャットの勤怠管理クラウドCC-BizMate(R)を導入!スマートフォンの活用で勤務打刻もリアルタイムに把握。


株式会社クロスキャット(以下クロス キャット、本社:東京都品川区、代表取締役社長:井上 貴功)は、本日11月20日(金)、菓子製造・販売の株式会社菓匠三全(以下菓匠三全、本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役:田中 裕人)に勤怠管理クラウド・サービス「CC-BizMate」を提供し、運用が開始されましたので、お知らせします。

株式会社クロスキャット(以下クロスキャット、本社:東京都品川区、代表取締役社長:井上 貴功)は、本日11月20日(金)、菓子製造・販売の株式会社菓匠三全(以下菓匠三全、本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役:田中 裕人)に勤怠管理クラウド・サービス「CC-BizMate」を提供し、運用が開始されましたので、お知らせします。

今回、菓匠三全への「CC-BizMate」導入にあたっては、勤怠管理の対象は正社員のみならず勤務形態の異なるパート社員もカバーします。現在、本社および70箇所を超える販売店舗で運用されており、今後は工場への展開も予定しております。

従前の菓匠三全の勤怠管理は、店舗ではPOS利用を基本とし、臨時開設の売店やPOSが設置できない店舗ではタイムカードによる打刻や、手書きで行われていました。また、工場ではPCによる勤怠管理システムを使用しており、事業拠点ごとに管理方式が異なっていました。
このような中、工場内PCの入れ替えを機に、勤怠システムの統一と管理運用の効率化を目的とし「CC-BizMate」が採用されました。
このような課題を抱える多店舗展開の事業者は、非常に多いと考えられます。

菓匠三全が「CC-BizMate」を導入決定に至る評価
 (1)同一のシステムを使用して勤怠管理を行うことができる。
 (2)初期費用が低コストで導入可能である。
 (3)カスタマイズにより複雑な勤務体系に対応可能で、独自の機能を追加することができる。
 (4)PCが設置できない臨時店舗でもスマートフォンで勤務打刻ができ、リアルタイムで勤務状況がわかる。
 (5)カードリーダでの打刻が可能。

導入後の評価
 ・ 給与連携機能もあり勤怠データの集計処理を自動化できることにより、今までの集計作業の時間を軽減できる。
 ・ 導入後もカスタマイズすることにより使いやすい形にできる。
 ・ ICカードリーダでの打刻ができ人数が多い工場でもスムーズに打刻が可能。 
※文中に記載された会社名、商品・製品名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
※CC-BizMateは株式会社クロスキャットの登録商標です(登録第 5484467号)。


【「CC-BizMate」に関する情報とお問い合わせ】

「CC-BizMate」紹介サイトをご利用ください。
http://cc-bizmate.jp

-------------------------------------------------------------------------------------

【報道関係からのお問い合わせ】

株式会社クロスキャット  広報・法務部
担当:江本 豊(エモト ユタカ)、雁部 智博(カリベ トモヒロ) E-mail:salse@xcat.co.jp 
TEL:03-3474-5251 FAX:03-3474-5085
受付時間:10時~17時30分/土・日、祝日を除く