太陽光発電・蓄電池・災害対策BOXを備えたEV等充電ステーション
道の駅など市内3か所に設置、供用を開始

京丹後市は、観光客・住民の利便性の向上を図るとともに、クリーンエネルギーを活用した多様なサービスを地域展開するため、市内道の駅などの公共スペースにおいて電動車両向け充電スタンドの設置・整備を進めています。

この度、「道の駅 てんきてんき丹後」、「道の駅 くみはまSANKAIKAN」、「宇川温泉 よし野の里」の市内3か所への充電スタンドの設置が完了しましたので、利用についてご案内します。



【施設の概要】

1. 道の駅 てんきてんき丹後(京丹後市丹後町竹野313-1)

供用開始日:平成28年1月頃(調整中)

設置台数 :急速充電器1台、普通充電器1台

付属装備品:―



2. 道の駅 くみはまSANKAIKAN(京丹後市久美浜町浦明1709)

供用開始日:平成27年12月1日 午前10時00分

設置台数 :急速充電器1台、普通充電器1台

付属装備品:太陽光発電(3.2kW)、蓄電池(7.2kWh)、災害対策BOX



3. 宇川温泉 よし野の里(京丹後市丹後町久僧1562)

供用開始日:平成27年12月1日 午後1時00分

設置台数 :急速充電器1台、普通充電器1台

付属装備品:太陽光発電(3.2kW)、蓄電池(7.2kWh)、災害対策BOX



【利用条件】

(充電器利用可能時間):8:00-19:00(年中無休)

            ※宇川温泉 よし野の里のみ21時まで利用可能です。

使用方法 認証システム:QR認証、カード認証

認証プロバイダ 充電会員サービス機関:エネゲート(エコQ電)、日本充電サービス(NCS)



※1 充電スタンドは、電動車両所有者向けに提供される認証及び会員サービスと提携して運用します。

※2 認証プロバイダ又は充電会員サービスに対応したカード又はスマートフォン等の認証によりご使用いただけます。

※3 会員費、利用料、認証システムの連携対応等の状況は、サービス提供会社へご確認ください。



【充電ステーションの特徴】(2・3)

災害時などには太陽光発電システムと蓄電システムの自立運転により電力供給ができます。また、ステーションには、電源(USBポート付OAタップ)、ラジ オ、懐中電灯、軍手(10セット)を備えた災害対策BOXを付属し、災害発生時でも携帯電話・スマートフォンを充電することができます。



この充電ステーションには、京セラ株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:山口 悟郎)と京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:佐々木 節夫、以下KCCS)が共同開発した「ソーラーサイクルステーション for EV」を活用しています。ステーション整備は、KCCSとニチコン株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役会長:武田 一平)が企画・設計、株式会社オステム(本社:京都市伏見区、代表取締役:岡 慶忠)が施工を担当しました。

ニチコン製30kW急速充電器、7.2kWh蓄電システム、京セラ製多結晶シリコン太陽電池モジュール3.2kW(1か所あたり)を採用、京都に基盤を置く企業体により整備されました。

*「ソーラーサイクルステーション」は京セラの登録商標です。



京丹後市は、本年度中にさらに市内4か所へEV等充電ステーションの整備を完了する計画であり、市内でのクリーンエネルギーのさらなる利便性の向上を図るとともに、先進的なグリーン経済とスマートコミュニティの実現を目指しています。



整備・運営主体 : 京丹後市

設置・施工者名 : KCCS・ニチコン充電ステーション設備設置工事共同体

活用事業施策 : 次世代自動車充電インフラ整備促進事業