企業のオープンソース利用に関する展示会「オープンソースカンファレンス」にファイル共有システム『ownCloud.jp』が出展


ownCloud.jp(株式会社ス タイルズ)は2015年12月9日(水)、TKP渋谷カンファレンスセンターで開催されるオープンソースカンファレンス 2015に出展いたします。 ブースでは、最新の導入事例のご紹介や企業様向けの導入・カスタマイズ事例をご説明させていただきます。 また、17時15分から会場内Place5ではownCloud.jpがセミナーを行います。

◆『オープンソースカンファレンス 2015』出展概要
会期 : 2015年12月9日(水)
会場 : TKP渋谷カンファレンスセンター
サイト: http://www.ospn.jp/osc2015.enterprise/
入場料: 無料
内容 :   企業におけるオープンソース(OSS)利用に関する最新情報の提供
・クラウド
・Webアプリケーション/サービス
・スマートフォン/タブレット
・ビッグデータ
・企業向けオープンソースソリューション/サポート

◆オープンソース(OSS)とは
オープンソースは、ソースコードをインターネット等で無償に公開し、誰もがソフトウェアの改良、再配布が行えるようなソフトウェアのことを指します。オープンソースの要件として、以下のような定義が掲げられています。
1. 自由な再配布ができる
2. ソースコードを入手できる
3. 派生物の存在が可能
4. 特定製品に依存しないこと
5. 同じ媒体で配布される他のソフトウェアを制限しないこと
6. 技術的な中立を保っていること

◆出展製品 ownCloudとは
ownCloudは、オープンソースのファイル共有システムを構築できるパッケージです。ユーザー専用のオンラインストレージが構築可能なため従来通りの 利用用途やイメージのまま、強固なセキュリティ環境でオンラインストレージを利用することが可能です。また、専用クライアントアプリも用意したマルチデバ イス対応のため、DropboxやGoogle Driveと同様な使い勝手のサービスを安全に使用したいというユーザーに、その代替ソリューションとして世界中で導入されています。
【URL】 http://owncloud.jp/(ownCloud日本オフィシャルパートナー)

◆オンラインストレージとは
オンラインストレージとは、インターネット経由のファイル共有サービスです。今までは、職場でのみ利用できたデータが自宅や出先等からアクセス可能になったり、複数人でフォルダ単位の共有が可能なため、多くの企業へ導入が進んでいます。

◆ownCloud利用シーン
■事例1 : メールでのファイル送付の代わりとして
これまで、メールに添付できない大きなファイルは、外部ファイル送付サービスを使ってファイルを送付していましたが、ファイルの共有URLをメールに貼ることによりファイルを送付できるようになります。


■事例2 : 外部からのデータの受領

ファイルの送付と共に問題になるのがファイルを受け取る方法です。フォルダ共有でアップロードを許可することによりファイルを外部から受け取ることができます。


■事例3 : 遠隔地やiPad端末からのファイル共有
作業や営業で遠隔地にいる社員でも、予めownCloudに接続する端末を設定しておくことで、セキュアに社内のファイル保管場所のアップロードまたは参照することができます。


◆会社概要

【会社名】株式会社スタイルズ
【所在地】東京都千代田区神田小川町1-2 風雲堂ビル6階
【設 立】平成15年12月5日 (創業:平成5年11月17日)
【代表者】代表取締役社長 梶原稔尚
【従業員数】従業員数93名(平成27年11月1日現在)
【資本金】 3,000万円
【事業内容】 ITソリューションサービス提供
【URL】http://www.stylez.co.jp/
【URL】http://owncloud.jp/(ownCloud日本オフィシャルパートナー)



<本プレスリリースに関するお問い合わせ>
株式会社スタイルズ
技術戦略グループ ownCloud担当
TEL: 03-5244-4113
MAIL: info@owncloud.jp